HOME > 孝泉堂の笹団子の作り方
笹団子の作り方

もち作り

材料を入れ、蒸練(蒸気を入れながら練り上げる)します。蒸練することで、よりやわらかい団子に仕上がります。

<材料>
・もち粉(もち米を粉にしたもの)
・上新粉(うるち米を粉にしたもの)
・水
・糖類

もちの作り方 もちの作り方 もち完成

よもぎ餅(外皮)を蒸練したものを取り出しているところです。

このページのトップへ

よもぎ

早春の新芽育成時のよもぎを採取し、煮沸。天日乾燥させることにより、よもぎの香り、風味が一段と良くなります。乾燥させたよもぎは手作業により分別します。

南魚沼の早春風景
南魚沼の早春風景
天日乾燥
よもぎの天日乾燥
分別作業
よもぎの分別作業


このページのトップへ

餡(あん)

小豆を煮て(炊いて)加糖します。孝泉堂特製の餡(あん)は小豆そのものの味を引き立たせるように工夫してつくりました。

餡の作り方
小豆を煮て加糖
餡の作り方
さらに練り上げて
餡の完成
「餡(あん)」の完成


このページのトップへ

包餡

笹団子包餡(成刑) よもぎ餅の中に餡(あん)をつめる。
(⇔餡(あん)をよもぎ餅でつつむ=包餡)

このページのトップへ

笹包み

笹団子の作り方手作業による笹包み

このページのトップへ

冷凍保存

このページのトップへ

蒸し

セイロに笹団子を入れて蒸した後、自然冷却。

笹団子蒸し 蒸しあがった笹団子

このページのトップへ

出荷

店頭やお土産屋さんに並びます。

笹団子の出荷 店舗

このページのトップへ

新潟名物孝泉堂のおいしい笹団子はいかがですか。お土産に、お歳暮などのギフトにご利用ください。
店舗販売人気ランキング1位の生クリーム笹団子もオススメです。